アイシールド21のアニメがひどいと言われている5つの理由

アイシールド21は「原作は良いけど、アニメはひどい!」と言われています。

この記事ではアイシールド21のアニメがなぜひどいと言われているのか?を解説します。

スポンサーリンク

アイシールド21のアニメがひどいと言われている5つの理由

 

アイシールド21のアニメがひどいと言われている理由は主に5つあります。

それぞれ解説します。

作画崩壊している

1つめの理由は「作画崩壊」です。

アイシールド21のアニメは作画崩壊がひどいと言われています。中でも以下の4人はその代表みたいな感じになってます。

  • ヒル魔
  • 十文字
  • 雲水
  • 鉄馬

ただ、これは一部のシーンだけで常にひどいわけではないです。普通のシーンは「普通」だし、なんならめちゃめちゃクオリティ高いなと思う部分もあったりします。

ちなみに、私はアニメを見てた時、作画崩壊に関してはほぼ気付けませんでした。普通にアニメを見てたら多分そこまで気付かないと思います。

※実際には作画崩壊より作画の使い回しの方がいろいろツッコまれているみたいです。

クリスマスボウルまで行かない

2つめの理由は「クリスマスボウルまでいかない」です。

アイシールド21のアニメの最終回はVS王城ホワイトナイツになってます。

VS王城ホワイトナイツは関東大会で言うところの準決勝なので、クリスマスボウルどころか大会の最後までやっていませんでした。

アイシールド21のメインストーリーが「クリスマスボウルに行く!」というものだし、アニメでも強調されてた部分なので、クリスマスボウルまで行かないというのはちょっと残念な感じがあります。

敵キャラが悪者になる

 

3つめの理由は「敵キャラが悪者になる」です。

アイシールド21のアニメでは敵キャラがすごい悪者になります。3人の例を出して解説します。

 

金剛阿含が残念な感じになる

泥門戦の後、阿含が審判を吹っ飛ばし、ヒル魔に殴りかかろうとするシーンがあります。

阿含がイライラを抑えられず相手に殴りかかろうとするのは結構残念な感じがありました。阿含は性格は悪いもののアメフト選手として超一流なので、その三流感は微妙。

原作だとそのシーンは「冷静に負けを認め、来年こそ潰す!!」みたいな感じでめちゃめちゃかっこよかったんですけど、アニメだとその良さがなくなっていましたね。

細川一休の性格がヤバい

アイシールド21のアニメでは細川一休の性格がヤバいことになってます。

オリジナルストーリーでは試合前に、モン太とちょっと仲良くなるんですけど、モン太がとあることができなかったとき態度が急変します。

要するに「○○ができなかったから、態度が変わった」という感じです。

モン太に嫌なことをされて態度が変わるとかなら分かりますけど、実力が大したことないと分かると態度が急変するのは結構ヤバかったなという印象。

甲斐谷陸がひどい

アイシールド21のアニメで特にひどいと言われているのが、甲斐谷陸です。

原作では「プライドが高い、西部のランニングバック!」という感じでしたけど、アニメだとプライドが高すぎて性格が変わってます。

あの進に対して上から目線で話すし、泥門デビルバッツのこと「泥門ごとき」って言っちゃうし、先輩であるキッドに対しても結構強く言ってるシーンがあります。

アニメの陸は「とにかく自分が一番!」という感じが強く出ているので、その結果ヤバいことになってるわけですね。

※検索ワードに「陸 うざい」と出てくるのはおそらくアニメの影響。原作ではほとんどマイナス的な要素はないので、ファンからするといろいろ思うことはあったのかなと。

キャラ設定がおかしい

 

3つめの理由は「キャラ設定がおかしい」です。

アイシールド21のアニメはキャラの設定がちょこちょこおかしかったりします。3人の例を出して解説します。

 

ヒル魔が問題発言しちゃう

アイシールド21のアニメではヒル魔が問題発言をします。

その発言とは「練習で勝てないなら、本番で勝てないから大会は辞退する!」みたいな感じでした。

あのヒル魔がこんなこと言う!?となったファンは多いと思います。

だってヒル魔は「死んでもクリスマスボウルに行く!」と言ってたし、「0%じゃないなら勝負捨てるのは早い。」と言ってたし、とにかくできることはなんでもやる!という感じでしたよね。

でも、アニメだとまだ試合をしてないのに大会は辞退!みたいなことを言っちゃうのでキャラ設定的に結構ショックだった記憶があります。

※もちろん、本心じゃなくヒル魔なりの後輩たちのケツの叩き方なんですけどね。

モン太が大事にしているグローブを手放す

アニメではモン太が本当に大事にしているグローブを、意味分からないくらい簡単に手放します。

グローブを手放した理由は「友情の証」というもの。そしてそのグローブは細川一休に渡してしまいます。

原作を読んでいる人からすると「あんな大事にしていたグローブをそんな簡単に手放して良いのか?」と思うはず。

しかももっとひどいのが、細川一休はそのグローブを川に落とすんですよね。で、「まぁ、いいか。」と落としたグローブを取りに行かずスルーします。

モン太のグローブ問題と、一休の性格の悪さが同時に出てきてしまうので、このシーン・回は結構話題になってた記憶があります。

進清十郎がめちゃめちゃバテる

アニメでは進清十郎がめちゃめちゃバテるシーンがあります。

シーンとしては本当に一部・一瞬なんですけど「あの進があんなにバテる!?」となったのが、個人的にちょっとショックだった記憶があります。

原作だと進はほぼバテません。

基礎体力を本当に重要視している選手だし、バテたとしてもそこにはクールさがあってめちゃめちゃカッコ良いんですよね。

でも、アニメだと「ちょ…マジで…しんどい…。」みたいな感じになってたのがファンとしては結構ショックでした。※膝に手をついて表情からもツラい感じが出ていたので。

原作と違うシーンが多い

 

4つめの理由は「原作と違うシーンが多い」です。

アイシールド21のアニメは原作と違う部分がかなり多いです。オリジナルストーリーという点では面白いんですけど、原作と違うという点でそれがマイナスに働いてます。

  • クリスマスボウルまで行かない
  • キャラ設定がおかしい
  • 飲酒・喫煙
  • 試合の過程・結果が違う
  • 進とセナが準決勝前に戦ってしまう
  • 武蔵の復帰シーンの変更
  • その他いろいろ

原作の設定的に「テレビでは無理」というシーンもあるので、そういう事情からの変更ももちろんあると思います。ただ、そのシーンが原作的に面白い部分でもあったので、ちょっと残念でした。

原作があまりにも良すぎた

 

5つめの理由は「原作があまりにも良すぎた」です。

アイシールド21の原作はあまりにも良すぎるので、大きなギャップが生まれてしまったのも「アニメがひどい」と言われる理由。

原作の方は、選手がみんな生きているように感じたり、表情が豊かでそれがとんでもないクオリティで描かれてます。そしてストーリー(展開)もめちゃめちゃ面白いので、あまりにも良すぎました。

そう考えるとアニメがひどいと言われるのも仕方がないかなと思います。

アイシールド21のアニメは打ち切りだった?

アイシールド21のアニメは王城ホワイトナイツ戦で終わっているので「打ち切り?」という声が結構ありました。

実際のところどうなのか?は分からないですけど、視聴率的にはあんまり良くなかったみたいです。

ただ、打ち切りというと「決まってたものが放送されない」という感じだと思うので、アイシールド21に関しては違う気もします。

アニメのストーリー自体「王城ホワイトナイツ戦がラスト!」みたいな展開だったので。

もしかしたらアニメ放送段階で「クリスマスボウルまではやらない!」ということが決まってた可能性もあるので、打ち切りかどうかは不明。※おそらく違う。

アイシールド21の再アニメ化を希望する声多数

アイシールド21のアニメはひどい!という声はあるものの、再アニメ化を希望する声はめちゃめちゃ多いです。

今年のスーパーボウル開催日にアイシールド21がトレンド入りすることがありました。

いきなりのトレンド入りだったため、ネットでは「アイシールド21続編来たか!?リメイクか!?」みたいな感じで盛り上がっていたので、アイシールド21熱は今も全く消えてないない人が多いと思います。

もちろん、私もリメイク・再アニメ化を希望する一人。

原作の続編もリメイク・再アニメ化も現実的ではあり得ないですけど、再アニメ化+αであれば2.1%くらい可能性はあると思ってるので、その期待はしておきたいと思ってます。

特に最近は、2000年代初期のアニメが20周年とかで新しい動きがあったりしますよね。その流れがアイシールド21にも来たら良いなっていうのはずっと思ってます。

…ただ声優さん的に言えばほぼ無理なんですけどね。

【まとめ】

アイシールド21のアニメの話を書いてきました。

最後に、個人的なアイシールド21のアニメの評価をしておきたいと思います。

 

個人的に、アニメは結構楽しめました。

ストーリーとして普通に面白かったし、原作だけでは分からないキャラの声も合ってて良かったし、OP/ED/挿入歌、効果音がめちゃめちゃかっこいいし、アニメを見たことで原作がより楽しめるようになったので。

曲はもちろん、セナ君の爆速音、進の加速音、ヒル魔・キッドのパス音など、めちゃめちゃカッコよくて原作を読んだとき音が脳内再生されます。結果的に原作がより面白くなります。

というか、そもそも私はアニメからアイシールド21を読み始めて好きになった人なので、アニメが放送されてなかったら今の自分はいないと思ってます。なので、その点は凄い有難かったなと。

ただ、やっぱり気になる点はありました。

  • クリスマスボウルまで行かない
  • ヒル魔のキャラとは違う発言
  • 阿含の三流感
  • 大好きな氷室先輩出てこない…など。

まぁこれらは原作を読んでしまったからこそ、出てくる気になるポイントだったので、個人的総合評価としては「言われてる程ひどくはない」という感じですかね。

みなさんも機会があれば是非見てみてください。

【ここに注目!!】アイシールド21の最終回見どころ9選!

【アイシールド21】40ヤード走タイム最速キャラランキング作ってみた

【アイシールド21】ベンチプレス最強キャラランキング作ってみた